FXのバーチャル口座(デモ口座)とは

2017-11-02

外国為替を取引できるFXは、練習用の口座があります。この練習用口座をバーチャル口座(デモ口座)と言います。

デモ口座は、FX取引を提供しているFX業者や証券会社のホームページから申し込み可能です。申し込みと言っても、フォームに簡単な情報を入れるだけですぐに完了します。

タダで誰でもデモ口座が開設でき、本番同様の取引が可能です。

デモ口座に必要なもの

デモ口座に必要な情報は、主に下記の通りです。

  1. 氏名
  2. 住所
  3. 電話番号
  4. Eメールアドレス

上記4つの情報があれば、すぐに無料で誰でも開設できます。氏名や住所、電話番号を登録したからといって悪用される心配も変な郵便物や電話がかかってくることもありませんので心配不要です。

デモ口座の年齢制限があるFX業者とないところがありますが、本番の口座の場合は20歳以上の年齢制限がある為、基本的にデモ口座も20歳以上が対象となります。

その他、クレジットカード発行のように借金があるとか年収などについての審査はFXにはありません。

Eメールアドレスは、無料のYahooやGメールで問題ありません。ただし、ログイン情報がメールで届くので、きちんと受信できる状態にしておかないといけません。

デモ口座でできること

FXのデモ口座は、リアルタイムに動く本当の為替レートを取引する為、本番同様に取引できます。

本番のリアル口座とデモ口座で違うところは、口座残高が仮想のお金か本当のお金かの違いだけです。

FX業者により取引に使うソフト・ツールは違いますので、とりあえず色々いじって試してみましょう。分からない専門用語などは、取引を重ねていく内に自然と覚えます。

FX初心者の方は、米ドルやユーロ、日本円を中心に取引した方が覚えが早いです。FX業者によって取引できる通貨の種類は30種類以上と多く取り扱っていますが、取引参加者が多いという理由もあり、基本は、米ドル・ユーロ・日本円の取引が最適です。

まずは、何も考えず売り・買い、決済を試してみましょう。

FXの仕組み