FX取引の仕組み

円高と円安

外貨取引をしたことがなくても、一度はニュースや新聞で「円高」「円安」という言葉を見たことあるでしょう。FXにとってこの「円高」「円安」を理解することはとても大切なことです。

「円高」とは、1ドル100円が1ドル90円になるような状態のこと。

1ドルを購入するのに100円必要だったのが90円と必要な円が少なくなった。円の価値が高くなったということです。

 

「円安」はこの逆で、1ドル100円が1ドル110円になるような状態のこと。

1ドルを購入するのに100円必要だったのが110円と必要な円が多くなった。円の価値が低くなったということです。

 

1ドル100円が90円と為替レートが下がってるのに「円高」、1ドル100円が110円と為替レートが上がってるのに「円安」と妙な感じですが、これを理解しましょう。

為替差益で稼ぐ

この「円高」「円安」の動きを予想して、その為替レートの差額で稼ぐのがFXのひとつの稼ぐ方法です。

(例1)10万円で1ドル100円で1000ドル交換しました。

「円安」の場合

翌日、為替レートが1ドル101円の円安。

手持ちの1000ドルの価値が10万1000円と増えました。このときドルと円を交換した場合は、差額の1000円が利益。

「円高」の場合

翌日、為替レートが1ドル99円の円高。

手持ちの1000ドルが9万9000円と減りました。このときドルと円を交換した場合は、差額の1000円が損失。

このように二国間の通貨の値動きを予測して、その差額で稼ぐのがFXです。

差額と投資する金額が大きいほど利益も大きくなる

投資する金額と差額が大きければ大きいほど、利益も大きくなります。

投資する金額は、上記の例では1000ドルとしましたが、1000ドルしか手持ちがなくても、手持ち資金の数十倍の取引ができるのもFXの魅力です。

  • 「手持ちが1000ドルしかないのに、なんで何十倍もの金額を取引できるの?」
  • 「借金して何十倍も取引するの?」

と思うかもしれませんが、借金して大きな投資をするわけではなく、FXは決済した差額のみを計算する差金決済と、証拠金取引という仕組みにより、資金の何十倍も取引が可能になるのです。

この仕組みを「レバレッジ」と言います。

最初は、レバレッジの仕組みについてよく分からないかもしれませんが、とりあえず「資金の何十倍も金額を取引できる」とだけ理解しておきましょう。

レバレッジは、国内FXの場合は最大25倍です。25倍というと、手持ち資金が10万円しかなくても、その25倍、10万円×25倍=250万円分の取引が可能になるわけです。

レバレッジの活用と値動きの大きくなる時間帯はチャンスも一杯です。