必要証拠金とは

FXで取引をするには、FX取引業者に口座を開設して資金を預ける必要があります。預け入れたお金を担保として取引をしますが、この担保を「証拠金」「保証金」と呼びます。
FXは取引業者に預け入れた証拠金内で取引をすることが出来ます。通貨の取引に最低限必要になる担保のことを「必要証拠金」と言います。

必要証拠金はいくら必要なのか

必要証拠金は、取引する通貨ペアと為替レート、最大レバレッジによって異なります。具体的な金額を言うのは、条件により違うので難しいので、例をとって説明します。

レバレッジ25倍、ドル円100.00円の時に1万通貨購入した場合

  • 100円×1万×4%(レバレッジ25倍)=4万円が必要証拠金

レバレッジ100倍、ドル円100.00円の時に1万通貨購入した場合

  • 100円×1万×1%(レバレッジ100倍)=1万円が必要証拠金

レバレッジが高くなるにつれ必要証拠金は少ない金額で取引が出来ますが、リスクもレバレッジに比例して高くなるので初心者の方は注意しましょう。

もちろん、必要証拠金は為替レートが変動した場合も金額が変わります。

レバレッジ25倍、ドル円110.00円の時に1万通貨購入した場合

  • 110円×1万×4%(レバレッジ25倍)=4万4000円が必要証拠金

レバレッジ25倍、ドル円105.00円の時に1万通貨購入した場合

  • 105円×1万×4%(レバレッジ25倍)=4万2000円が必要証拠金

必要証拠金は、レバレッジの違いや為替レートの変動で金額が変わるので注意が必要です。

→ 証拠金維持率とは